物流の窓口「クラウドロジスティクス」

WMSシステムとは

荷主と倉庫間の情報伝達

これまでのWMSシステムは、スタンドアローン方式かクライアントサーバー形式で倉庫内に設置される運用が通常でした。しかしながら、昨今の電子商取引の普及や上位システムである受注管理システムのWeb化によりWebによる情報伝達という新たな要件が増加しました。それに加え在庫状況や入出荷状況を荷主側からリアルタイムに閲覧したいという新たなニーズが加わりました。

商品マスタ情報、在庫情報だけでなく入荷予定、出荷指示、入荷実績、出荷実績などの情報をリアルタイムでWeb上で伝達する要件が新たに必要となってきました。

クラウドロジスティクスのWMSシステムは、クラウド型となっておりますので上記の新たな要件を実装しております。



WMSシステムとは?

WMSシステムとは、Warehouse Management Systemの略称で日本語では倉庫管理システムとなります。WMSシステムは、倉庫で必要な管理要件をシステム化したものです。倉庫内での業務とは、入出荷業務、在庫管理業務、伝票出力業務がメインとなります。それらの業務のうち、入荷検品業務、棚入れ業務、ピッキング、検品業務などは、ハンディーターミナルと連動させます。したがって、WMSシステムにハンディーターミナルとそのシステムが含まれます。



 

荷主と倉庫のアカント接続

WMSは、荷主が申込みアカント設定します。倉庫に対しては、倉庫アカントを発行します。クラウドロジスティクスのWMSでは、倉庫アカントを荷主WMSアカントにひもづけできますので、荷主が所有するWMSアカントに倉庫アカントを接続することで荷主、倉庫双方が荷主用に発行したWMSを利用できるようになります。

「荷主が所有するWMSアカントを倉庫アカントに紐づけることにより倉庫でも荷主のWMSが利用できるようになります。」