物流の窓口「クラウドロジスティクス」

サポート

[荷主の方] 案件登録が良く分かりません?

案件登録の方法は、以下のURLに記載しております。
http://crowd-logistics.com/method_client.php
分かりにくい場合は、電話でお問合せお願いします。

[荷主の方] 業者選定の方法が良く分かりません?

業者選定はわざわざ各社に連絡しなくともすべてWebからできます。業者選定は1次選定→最終選定の2段階選定方式を取っております。

1次選定は、匿名で選定できます。見積も匿名となりますので会社名はお互い不明です。値段だけでなく会社の規模やレビューなどを重視して決めることをお勧めしております。詳細を確認したい場合はメッセージ機能を利用してご確認いただけます。1次選定合格者は、荷主、倉庫とも連絡先等の情報が公開されますので、直接、連絡を取って、再見積、倉庫見学、ミーティングなどを設定してください。

[荷主の方] 料金は本当に無料か確認したいのですが?

1点だけ費用がかかる場合がございます。

無料のWMSシステムと無料のゲートウェイシステムを利用する場合、月間出荷件数10,000件以上、商品マスター登録点数10,000点を超える場合は、荷主側にオプション費用がかかります。詳しくは、以下のオプション料金をご覧ください。

月額金額 月間出荷数 商品登録数
無料の範囲 10,000件 10,000件
追加料金 10,001件から+1円/件(100円以下切り捨て) 10,001件から+1円/件(100円以下切り捨て)
上限金額 50,000円 50,000円

[荷主の方] 細かい見積条件の設定が自分で良く分かりません。

ご不明な場合は、電話&メールサポートしておりますので、お気兼ねなくご連絡願います。

クラウドロジスティクスは1次選定→最終選定の2段階選定方式を採用しております。見積条件は、主に1次選定のためのものとお考えください。したがって、見積条件は完全である必要はありません。1次選定後に荷主、倉庫と情報が開示されますので、その際に詳細の見積条件を提示して再見積も可能です。

[荷主の方] 良く分からないので電話で登録を代行してほしい。

電話で登録代行をお請けしております。

初めて物流アウトソーシングをお考えの企業様は、専門的な条件等が分かりにくいことがあります。ECxでは、中立の立場からヒヤリングを行い案件情報登録を代行しております。

[荷主の方] 倉庫見学は業者選定に不可欠ですか?

小規模な物流委託を除いて倉庫見学は不可欠であると思います。

倉庫見学のポイントが不明の荷主様には、ECxがポイントをご説明いたしますので、お気兼ねなくお問合せ願います。

[荷主の方] 業者選定のためにヒヤリングをした方がいいでしょうか?

最終選定前には、ヒヤリングをお勧めします。

個人的な物流業務やカタログ製品のB2Cとは違い、エンタープライズ(企業)物流の委託は、サプライチェーンマネジメントの主要工程でもあることから単純化しにくいことが大半です。したがって荷主、倉庫間で細かい要件まで同一の理解をしておかないと見積の食い違いや運用時の業務内容の食い違いなどトラブルが発生してしまいます。打合せをすることによりこの溝を埋めることが可能となります。

[荷主の方] 1次選定で何社くらに絞り込むのがいいでしょうか?

案件規模にもよりますが、3から5社程度がよろしいかと思います。

見積価格だけで判断すると失敗する確率が高いと思います。物流パートナーとして実力や人員数、実績などが一番重要であると思います。そのためにも複数社を選定して品質、精度、価格、対応力などを総合的に判断して選定することをお勧めします。

[荷主の方] 提案内容の見方が良く分かりません。

ご不明な場合は、電話かメールでお問合せお願います。

システムにより1か月単位の項目ごとの見積を自動的に合算して作成しております。

[荷主の方] 見積の送料はどのように計算されていますか?

倉庫は、送料テーブルをマスターとして登録しております。そちらからシステムで自動算出して見積が作成されます。

送料ですが、倉庫が地域ごと、サイズごとの送料テーブルマスターを登録できるようになっております。地域ごとの算出は、全都道府県の人口分布より自動計算しております。サイズごとに平均単価を算出しており、さらにサイズごとの発送数とサイズ平均単価の総和を自動算出して送料見積を作成しております。

[荷主の方] 無料の物流管理システムを利用した方がいいですか?

利用をお勧めします。

一番の理由は、物流基幹システムと物流アウトソーシングの業務を分離できます。

[荷主の方] 無料選定相談サービスとはどのようなものでしょうか?

無料選定相談サービスとは、荷主からECxが電話等でヒヤリングさせていただき、見積依頼の登録をECxが代行するサービスとなります。

荷主は専門的な知識がなくても見積依頼ができることと登録の手間を省きます。ただし、最終選定用の見積依頼は、荷主にお願いしております。(サポートは致します。)

[荷主の方] 比較見積サイトと何が違いますか?

世界的にここ数年普及してきたクラウドソーシングのプラットフォームを開発しております。

ECxは、物流アウトソーシングのマーケットプレースを提供するだけで完全中立となっております。また、成約手数料は一切取っておりません。比較見積サイトで明確な料金体系を掲載いしているサイトは少ないと思います。

[荷主の方] データ連携について教えてください。

ほとんどのECシステムにデフォルトでCSV連携しております。

CSV連携していない上位システムについてもEDIという高度なデータひも付機能を提供しておりますので、大半のデータ連携も可能です。また、API連携も可能です。

[荷主の方] 契約はどうなりますか?

物流アウトソーシングに関する契約は荷主、倉庫間で直接契約を締結していただきます。

荷主か倉庫の希望でクラウドロジスティクスのシステムを利用する場合は、荷主と株式会社ECロボ、倉庫と株式会社ECロボとなります。