物流の窓口「クラウドロジスティクス」

システム導入方法

1.申込みからアカント設定

クラウドロジスティクスで最終選定が完了したらECx本部より「システム利用申込書」をメールで通知いたします。必要事項記入の上、メールで「システム利用申込書」をECx本部あてに送信お願いします。「システム利用申込書」をECx本部で受領してから翌営業日中にシステムアカントを設定してメールでご案内致します。

 

2.WMS初期設定の責任分担

WMS初期設定は、荷主・倉庫両者ですべて行っていただきます。倉庫がB会員の場合は、倉庫に代わりクラウドロジスティクスがサポート致します。

項目 責任者 サポート
商品マスタ 荷主 倉庫
出荷指示取込み設定 荷主 倉庫
入荷予定取込 荷主 倉庫
納品書設定 荷主 倉庫
配送会社連携設定 倉庫  
最終設定確認 荷主・倉庫  
テストラン 荷主・倉庫  

 

3.WMSアカント所有者

WMSのアカント所有者は「荷主」となります。

荷主、倉庫それぞれクラウドロジスティクスと契約します。

 

4.WMSアカント連携

倉庫アカントを荷主のWMSに接続することで倉庫も荷主のアカントがご利用できるようになります。


 

WMSの運営責任分担

物流倉庫お探しの方(荷主)は、オプション料金がかかる場合があります。以下を確認お願いします。

項目 内容 責任者
通常オペレーション 日々のオペレーション業務の責任 倉庫
情報更新 各種マスター等の更新の責任 倉庫
サーバー管理 サーバー停止した場合の復旧責任 クラウドロジスティクス
システム保守 システムトラブルでの停止等の復旧責任 クラウドロジスティクス